中国工場

深圳市に1991年設立。
ATM関連ユニット・情報端末機器・社会インフラ・事務機器オプション品などの生産、プリント基板表面実装、各種製品の設計開発をおこなっております。

特徴

調達

グローバル調達の他、約30年にわたり華南地区で部品メーカとの取引実績があります。

工場を中心に、1-2時間圏内に数百社と取引があります。積極的に部品メーカにいくことで、源流より品質の改善と確保に努めております。

また、仕入部品の初物は全寸法を確認し、お客様の認定をあおぎます。量産後は不良品を受け入れないという考えのもと、入荷全ロットに対し抜取検査を実施します。お客様のご要望により全数検査にも対応できます。

組立

組立

お客様のご要望や製品により、コンベアラインによる大量生産から、セルラインによる多品種少量生産まで対応いたします。

組立ラインでは、工程検査員が工程をチェックし、組立終了品は完成検査員が出荷検査を実施し、品質を保証します。

クリーンルーム・基板表面実装

液晶パネル、タッチパネル等 クリーンルームが必要な組立も対応いたします。

その他、SMT設備を保有しており、基板表面実装もおこなっています。

設備

SMT設備

設備名 メーカー 型番 台数
クリームはんだ印刷機 Panasonic SP60P-L 1台
チップ部品接着機 Panasonic HDP-G1 1台
チップ部品実装機 YAMAHA YG100A-440 2台
異形部品実装機 YAMAHA YG88-440 1台
無鉛リフロー装置 エイテックテクトロン NIS-20-82C 1台

CSR活動

品質規格管理担当を中心に「地域社会あってのレオ電子」という考えの下、責任ある「企業市民」として豊かな社会づくりのため、積極的に環境/社会貢献活動を推進しています。

グリーン調達 レオ化学物質管理システム(LCMS)認定制度を導入し、仕入先様の環境管理に対する取り組み状況や管理状況を確認し、管理基準に基づいた含有化学物質管理の徹底を依頼しています。
『LCMS運用フロー』日本語版PDF中国語版PDF
『レオグループ化学物質管理基準』日本語版PDF中国語版PDF
エネルギー資源の節約

  • 省エネ活動でCO2削減、水保全への取組みをおこなっています。
  • 省資源化と再資源化につとめています。
CSR
地域/社会貢献

  • 近隣の自然公園の清掃、植樹事業への参加など地域ボランティア活動をおこなっています。
  • 中国内被災地への復興支援活動をおこなっています。
CSR

QCC活動

社内でQCC発表会をおこない、その優勝チームは、深圳市で行われる発表会に参加し毎年入賞しています。

QCC
QCC

会社概要

会社名 新雷欧电子(深圳)有限公司
代表者 董事長:中馬 宏樹 、総経理:鈴木 輝行
設立日 1994年08月09日
資本金 1,368万香港ドル
事業内容 事務機器関連ユニット、ATMユニット等金融機器、社会インフラ機器など各種製品の組立生産、基板実装および関連製品・部品の国内販売および輸出入販売
住所 中華人民共和国広東省深圳市宝安区福海街道新和社区蚝業路22-1号
電話番号 (86)-755-2786-4745
ISO ISO9001:2015、ISO14001:2015

沿革

1991年
中国深圳市の日系電卓製造工場を買収し、宝安県雷欧電子廠として(株)東芝、キヤノン(株)向けのプリンター付電卓の生産を開始
1993年
雷欧電子(深圳)有限公司を設立(後に売却)、(株)東芝向け複写機の生産を開始
1994年
宝安県雷欧電子廠がISO9002:1944(JQA)を取得 新雷欧電子(深圳)有限公司を設立、(株)テック向けレーザープリンター本体および関連ユニットの生産を開始
1995年
宝安県雷欧電子廠を独資法人化、冠雷欧電器製品(深圳)有限公司と改名
1996年
雷欧電子(深圳)有限公司の一部株式を(株)東芝に売却
2000年
東芝テック(株)向けECR(キャッシュレジスター)の生産を開始
2002年
東北リコー(株)向けプリンター給紙ユニットの生産を開始
2003年
ISO9000:2000およびISO14000:1996(BSI)を取得
日立オムロンターミナルソリューションズ(株)向けATM関連ユニットの生産を開始
2006年
新雷欧電子と冠雷欧電器製品を一社に統合、存続会社は新雷欧電子(深圳)有限公司
2011年
富士通フロンテック(株)向けATM関連ユニットの生産を開始
2012年
宝安区福永街道(現福海街道)に移転
2018年
ISO9001:2015およびISO14001:2015(SGS)を取得

地図

PAGE TOP